ゆとり世代の読みもの

ゆとり世代よ、今こそ立ち上がろう

問題解説㉗~投資信託~

次の各記述のうち、正しいものには〇を、誤っているものには✖をつけなさい。

f:id:tuketaku:20190719181917p:plain

 

1.公社債投資信託は、投資対象に株式をいっさい組み入れることができない。[2015年1月試験]

 

2.インデックス型の株式投資信託とは、日経平均株価などのベンチマークに連動する運用成績を目指す投資信託である。[2012年1月試験改]

 

3.投資信託の運用において、バリュー型運用とは、一般に、企業の業績や財務内容等から株価が割安な水準にあると判断される銘柄を選択して投資する手法をいう。[2013年5月試験]

 

4.MRFマネー・リザーブ・ファンド)は、株式投資信託のひとつであり、流動性の高い上場株式のみを投資対象としている。[2013年5月試験]

 

5.ETFは、証券取引所に上場されている投資信託であるが、指値・成行などによる注文方法で売買が可能である。[2011年1月試験]

 

6.上場不動産投資信託J-REIT)は、上場株式と同様に証券取引所を通じて取引され、成行や指値による注文も可能である。[2014年9月試験]

 

 

1.公社債投資信託は、投資対象に株式をいっさい組み入れることができない。

 

正解は、〇です。

 

2.インデックス型の株式投資信託とは、日経平均株価などのベンチマークに連動する運用成績を目指す投資信託である。

 

正解は、〇です。

ちなみに、ベンチマークを上回る運用成果を目標としているは、アクティブ運用といいます。

 

3.投資信託の運用において、バリュー型運用とは、一般に、企業の業績や財務内容等から株価が割安な水準にあると判断される銘柄を選択して投資する手法をいう。

 

正解は、〇です。

ちなみに、将来的に成長が見込める銘柄に投資する運用スタイルをグロース(growth)型といいます。

 


4.MRFマネー・リザーブ・ファンド)は、株式投資信託のひとつであり、流動性の高い上場株式のみを投資対象としている。

 

正解は、✖です。

MRFは公社債投資信託のひとつで、株式は一切組み入れられません。

 

5.ETFは、証券取引所に上場されている投資信託であるが、指値・成行などによる注文方法で売買が可能である。

 

正解は、〇です。

ETFは、日経平均TOPIXなどの指数に連動するよう運用(インデックスファンド)される投資信託です。

 

6.上場不動産投資信託J-REIT)は、上場株式と同様に証券取引所を通じて取引され、成行や指値による注文も可能である。

 

正解は、〇です。

J-REITは、投資家から集めた資金を不動産に投資して、そこから得られた利益を投資家に分配する投資信託です。